おきくのあまから旅情の~と

旅に役立つ情報をまとめていきます。

バルセロナ⑯ホテル ホテル リヨン

ホテル名:Hotel Lyon(ホテル リヨン)

住所:General Castaños, 6, シウタ・ベリャ, 08003 バルセロナ, スペイン

 

予想外によかったホテル。1つ星、シングルルーム、平日で30ユーロ(3,900円程度)でした。ホテルに豪華さを求めない人におすすめです。

ホテルはビルの1フロア。ビルの入り口でベルを鳴らして、解錠してもらいます。エレベーターに乗ってホテルの入っているフロアまで上がるのですが、そのエレベーターがレトロで、ドアを手動で開閉するタイプ。しっかり閉まってなかったらどうなるんだろう…途中で止まったらどうしよう…とドキドキしたものの、日本には滅多にないので旅行感がすごかったです(写真の真ん中がエレベーター)。

f:id:kiku-jiro:20170720205520j:plain

エレベーターの外側にあるドアは引いて開けて、エレベーター自体のドアは押して開けるのですが、私はエレベーター自体のドアも引くものだと思い、何回も力づくで開けようとして、ちょっと壊しそうでした。エレベーターの中はこんな感じ。日本にはなかなかないので、つい写真を撮りました。

f:id:kiku-jiro:20170720212606j:plain

フロアに着いたとき、このホテルはとても良い予感がする!と直感的に感じたのですが、大正解でした。

すぐ右側にあるドアを開けると、フロントがあります。そこで名前を告げるのですが、受付にいたおばさま、全く英語が通じません。料金が先払いだったのですが、言葉が通じないので、紙に宿泊料金を書かれて、それを指でさされました。この説明だととても失礼な態度に感じるかもしれませんが、全くそんな感じではなく、どうにかして伝えないと!といった、おばさまの優しさでした。

私が泊まった部屋はそのフロントの目の前で、昼に着いたということもあり、フロントのおばさまが別のスタッフと話している声がずっと部屋に響いていて(防音がよくない)、夜もこうだったらどうしよう…と不安にはなりましたが、でも、外国の日常に溶け込んでいる感じがして心地よく、1時間ほどお昼寝をしました。ちなみに、夜はとても静かでした。

部屋自体は本当に最小限。トランクを広げると部屋の中を移動できなくなります笑 でもここ、バスタブがあるのです。ここは最終日に泊まったホテルだったので、旅の締めくくりとしてお風呂にゆっくり浸かれました。

このホテルは立地がとても良いです。Barceloneta駅から徒歩2分程度です。ビーチも近く、ホテルの近くにはごはんやさんもたくさんあります。また、スーパーも近くにあります。私は近くのスーパーで現地の食べ物やワインをお土産用に買いました。

本当はこの日はホテルではなく、友人宅に泊まる予定でしたが、友人の引越しに伴う部屋の引渡しが急遽決まって、仕方なく当日の朝に予約したこのホテルですが、結果的には異国感を味わうことができ、旅の締めくくりにとてもよい経験でした。

ホテルは清潔感さえあればよい、という方であれば、ぜひ泊まってみてください。