おきくのあまから旅情の~と

旅に役立つ情報をまとめていきます。

バルセロナ⑲観光 サン・パウ病院

実際に2009年まで病院として使われていた場所。ガウディと同時期に活躍したモンタネールが建築家として関わった病院で、現在は世界遺産となっています。

建物の外壁が柔らかいオレンジ/ピンク色で、ディズニーランドや星の王子様ミュージアムのような印象の建物でした。

f:id:kiku-jiro:20170816225940j:plain

敷地は結構広く、ベンチもあるので、お散歩をするのに向いてます。すべての建物に入れるわけではなく、いくつかの公開されている建物にだけ入ることができます。植物も多く植わっていて、オレンジなんかも育っていました。私が行ったときはあまり人もおらず、のんびりとした空気が漂っていました。

f:id:kiku-jiro:20170816230255j:plain

ここなんかはちょっと病院感はあるものの、こんな可愛いタイル張りの病院だなんて信じられないです。何に使われていたのでしょうか…。

f:id:kiku-jiro:20170816230534j:plain

こんな素晴らしいステンドグラスと天井がある建物もありました。

f:id:kiku-jiro:20170816230716j:plain

 バルセロナといえばガウディ建築が真っ先に浮かびますが、こういった趣向が違う素敵な建築も楽しめるのが良いですね。サグラダファミリアとそこまで離れていないので、こちらにも訪れてはいかがでしょうか。

バルセロナ⑱観光 グエル公園

サグラダファミリアと同様に、ガウディ建築だしトカゲ有名だし行っておくか…と思って行ったものの、結果的に3時間くらい滞在した場所です。少し歩きますが、ゴルゴダの丘まで行くことをおすすめします。

有料エリアである大階段、中央広場、市場のどこを見ても可愛いモザイクタイル!波打っているようなデザインもやわらかい印象です。

f:id:kiku-jiro:20170806174005j:plain

f:id:kiku-jiro:20170806174036j:plain

大階段の壁は遠くからみるとただのチェック模様ですが、近くで見るとこんなにも可愛い。どう生きてきたら、こんな素敵な色の組み合わせをできる感性を持てるのでしょうか…。

f:id:kiku-jiro:20170806174104j:plain

中央広場からはグエル公園の正門全体を見ることができます。

f:id:kiku-jiro:20170806180322j:plain

中央広場のサイドも不思議なデザイン。

f:id:kiku-jiro:20170806183433j:plain

また、入り口付近にある守衛小屋も素敵なのでお忘れなく!こんな場所で過ごせるのなら守衛さんの仕事をしたい…と思ってしまいました。

 

 サグラダファミリア同様、事前にチケットをネットで購入することをおすすめします。人数制限があるので、予約せずに当日行くと数時間待つ可能性があります。

 

無料エリアにはガウディの家博物館とゴルゴダの丘があります。ゴルゴダの丘の頂上までは30~40分くらい歩きます。ゆるやかな坂がずっと続くので軽いハイキングのような感じ。こちらはあまり混んでいません。

 岩で作られているアーチにはベンチもありますし、私が行ったときは楽器を弾いている人もいて、ゆっくりした時間が流れている感じです。友達と昔話や近況を話しながら歩くのにぴったりでした。

f:id:kiku-jiro:20170806183748j:plain

ゴルゴダの丘に到着すると展望台があります。展望台からはバルセロナの街と地中海が見えます。上りはいいのですが、降りるときが予想以上に急なのでお気をつけください。

f:id:kiku-jiro:20170806184017j:plain

最寄の駅からグエル公園はかなり歩きます(20分くらい)。グエル公園から駅は下り坂なのでそこまでつらくないですが、駅からグエル公園は上り坂なので徒歩はおすすめしません。バスも通っているようですが私はタクシーで行きました。

 

バルセロナ⑰観光 サグラダファミリア

せっかくバルセロナに来たし、完成する前に行っておくか…程度の気持ちで行ったサグラダファミリア。結論から言うと、とてもとても素晴らしい場所でしたし、行かなきゃだめです。

彫刻でごつごつした印象の外側と、内側のステンドグラスのギャップが素晴らしく、中に入ったときに思わず足が止まってしまいました。

f:id:kiku-jiro:20170803193442j:plainf:id:kiku-jiro:20170803193642j:plain

 森をイメージした内部では、彫刻にもかかわらず曲線が綺麗で、やわらかい印象を受けます。

f:id:kiku-jiro:20170803193515j:plain

建物の西側が寒色系、東側が暖色系のステンドグラスなので、行く時間によって雰囲気が変わると思います。

サグラダファミリア敷地内のミュージアムショップを出た先にある付属学校も可愛らしいのでおすすめです。

彫刻等の設計の意図はレンタルできるオーディオガイドでも聞けますが、ぜひサグラダファミリアに訪れる前に外尾 悦郎の「ガウディの伝言」を読んでほしいです。彼はサグラダファミリアの彫刻家で、この本ではガウディの生き方、考え方や、同時代に活躍した芸術家達との関係性等が書かれていて、これを読んでからここに訪れると、ガウディ建築を色々な角度から楽しめるはずです。

 チケットは事前に公式サイトで購入したほうがお得ですし、当日並ばなくてよいので便利です。特に塔に登る場合は時間が区切られているので、当日並んでもすぐ入れないor入れない可能性が高いです。塔は雨天時は登ることができませんが、ネットで予約してクレジットカード支払いにしていた場合には、塔の代金は自動で返金されます。ネットで予約した場合、メールアドレスにQRコードがついたpdfファイルが送られてきますが印刷する必要はなく、受付で携帯等の画面を表示すれば読み込んでくれます。

 

Sagrada Família駅が最寄で、徒歩1分程度です。