タイ旅行 1. 基本情報。気候や服装など。

2018年3月末~4月上旬にかけて、タイへ旅行しました。基本はバンコクに滞在して、パタヤとカンチャナブリそれぞれ1泊2日の小旅行もしました。

【気候】

3月4月はタイが一年で一番暑い時期で日中30度くらい、湿度も高かったです。10日間くらい滞在したものの、雨が降りそうだなと思ったのは1日くらい(結局降らなかった)。曇りの日も結構ありました。夜はむちゃくちゃ涼しくなるわけではないものの、外を散歩したり、テラスで飲んだりしても全然苦じゃないくらいには気温が下がります。

【服装】

基本、ノースリーブのワンピースで過ごしていました。ただ、電車や建物内はクーラーがガンガンにかかっているので、薄い上着があると便利です。私は薄手の麻素材のシャツをよく持ち歩いていました。なお、お寺に関しては、基本、肩や脚を出していると入れません。入り口でケープのようなものを貸してくれたりしますが、お寺近くやナイトマーケットで30~100バーツ(私が行ったときは1バーツ30円くらいだった)くらいでロングスカートやトップスを買えるので、旅行中着る用に買っちても便利です。

バンコクは地面がコンクリートなので、どんな靴でも大丈夫ですが、結構舗装が適当なので細いヒールはおすすめしません。あと、車やバイクがたくさん通っていることや、水溜りが結構あったりして足が汚れやすくて、ビーチサンダルでどこかに行くと、足の裏が毎回真っ黒になっていました笑

【治安】

 夜遅くに一人で移動することはなかったですが、日中であれば女性一人で歩いていても特に危なさは感じませんでした。ゴーゴーバーがあるような風俗街も水着とか下着姿の女性が客集めのためにたくさん立っていますが、ただそれだけです。

 

観光地は人がごった返しているので、スリにはもちろん気をつけてください。

【食事】

タイといえば辛いものですが、辛さのレベルが違います。私は日本だと結構辛いものも食べるほうですが、タイでは全然食べられませんでした。ローカルな屋台っぽいところで、これが食べたい!と指差したら、「あなたはタイ人じゃないでしょ?これは辛くて食べられないからあなたには売れない。あなたは中程度の辛さが限界。」と断られました。仕方なく中程度のものを選んだらお店の人の言うとおり、中程度でも無茶苦茶辛くて、食べきったあとは胃が痛かったです。

【言語】

共通語はタイ語。日本人の観光客や駐在員も多いので、結構単語単語で日本語が通じます。デパートやホテルなどちゃんとしたところは英語でもちろんOK。屋台やタクシーの運転手さんなんかは英語の単語とジェスチャーで会話してました(タクシーの価格が高いと思ったときは頭を振りながら、too expensive! less! less!みたいな)。ナイトマーケットの価格交渉に至っては電卓を使って交渉していました。

 

韓国ソウル旅行2.ホテル プレジデント ソウル

ソウル市内観光に便利なホテルに泊まりたいと思い、明洞にあるホテル プレジデント ソウルに泊まりました。ロッテホテルの隣で、明洞の繁華街まで徒歩5分くらいの場所です。地下鉄のCity Hall駅の目の前です。4つ星のわりに価格が手ごろで、ツインルームが1泊13,000円程度でした。

スタッフの対応はとてもよかったですし、日本語でも大丈夫です。

部屋自体は広くも狭くもなく、ごく普通。

 洗面所に関しては正直しょぼいというか、一昔前のタイプの洗面所。アメニティはボディソープ、シャンプー、コンディショナー、歯ブラシ等です。ドライヤーもちゃんとあります。トイレは機能があまり良くないタイプのウォシュレット付きでした。

バスタブがあるので、歩きまわって観光する人には疲れがとれていいかも。韓国は近いとはいえ飛行機3時間くらい乗りっぱなしなので、初日はお湯をためてお風呂に浸かりました。シャワーの水圧はちゃんとしています。

ホテルの施設に関しては、無料で使えるジムはありますが、プールはありません。レストランがいくつか入っていて、1階にあるカフェ&バーでは10,000ウォン(1,000円程度)でビール&ソフトドリンク飲み放題をやっていました。

明洞をメインにまわるのであれば、ホテルのランクは下がりますが、明洞の中心地にある新しめのホテルでも十分かなといった印象です。もう一回泊まるかといえば泊まらないかな。可もなく不可もなく、なホテルです。

ただ、空港からのバスが、このホテルの隣にあるロッテホテル前に止まるので、大きな荷物を持って移動したくないけど、ロッテホテルよりは安いホテルがいいなと思う人にはいいと思います。 

韓国ソウル旅行1.基本情報

2018年2月中旬に韓国/ソウルを旅行したので、役立つ情報をまとめます。

旅程としては、金曜夕方に仁川空港に到着して、明洞に2泊し、日曜夕方の便で帰国しました。

【気候】

日中は3度くらいまで上がり、夕方から冷え始めて、夜はマイナス5度くらいでした。2017~2018年は暖かかったほうらしく、例年はマイナス10度以下等、もっと冷えるとのことです。乾燥していて、雪は降らずにただ寒いだけでした。風も強かったです。

【服装】

風を通さないような、ダウンコートがおすすめです。現地の人は長いベンチコートのようなものを着ていました。皮膚が出ているところがとにかく冷えるので、帽子や耳あてをして、マフラーで顔を覆うといいです。また、ホカロンも役に立ちました。現地でも薬局等に売っているので、韓国に着いてからでも入手できます。

都心であれば道は整っているので、細いヒールの靴でも大丈夫です。屋台のごはんも有名なので、両手があくようなバッグのほうが便利です。

【言語】

韓国語が基本です。観光客の多いお店だと中国語や日本語も併記されています。会話だと、英語よりは日本語のほうが通じます。特に年齢が上の人は日本語で問題ないです。

【物価】

 全体的に日本よりは安いと感じました。特に食事が安いです。焼肉食べ放題で1500円くらいのところがたくさんありました。食事代がなぜかカフェ代と変わらないこともあって、ちょっと不思議でした。

【食事】

韓国料理は辛いのかなと思っていましたが、そんなことはなかったです。キムチは日本のものに比べて酸味がかなり強いです(日本用にまろやかにしているらしいですね)。韓国は食事のシェアが文化として根付いているらしく、大皿料理が多いです。なんだったらスープも取り分け皿がなく、現地の人たちは各々のスプーンを使って1つの器のものを飲むらしいです。

副菜として出てくるキムチやもやしのナムル等はおかわり自由です。お酒のつまみにはちょうどよい感じ。

ソウルは都会なので、日本食含め、食べたいものはなんでも食べられます。

【その他】

カフェ等でもWifiが飛んでいます。パスワードが必要ないところもありますが、必要な場合も、Wifi使いたいですと言えばパスワードを教えてくれました。

日本でいうポケットティッシュのように、明洞だと街中で美容マスクを配っています。受け取るとしつこくお店に連れ込まれてしまうので、受け取らないことをおすすめします。

日本と一番違うと思ったのは、トイレにトイレットペーパーを流せないことでした。どうやら韓国の下水菅が紙を流すことを前提に作られていないらしく、流すと詰まっちゃうみたいです。なので、便座の横にあるゴミ箱に紙を捨てる必要があります。これはちょっと生理的にきつかったです。

タクシーは初乗り5000ウォン(500円)くらいで、車で10分くらいの距離でも10000ウォン程度なので、遠くなければタクシー移動が便利です。大通りなら、すぐに捕まえられます。フロントガラスの上のほうに赤い文字がでているタクシーは空車のようでした。